スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Xperia XZsの3GB→4GB RAMメモリ増量の効果が顕著なXperia XZとの動作スピード比較

      2017/04/13


201704101536

ソニーの最新モデル、Xperia XZs。

XZのアップグレード版ということで、「フラッグシップ」と呼べるかは微妙なところですが、米国や台湾、インドなどではすでに発売されており、徐々にレビューが出てきています。

そんな中、youtube上にこのXperia XZsと前モデルのXperia XZの動作比較をした興味深いレビュ動画が掲載されていました。
(右がXperia XZs、左がXZ)

最初は起動速度比較。

201704101532

ほんの数秒ですが、XZsの方が若干早く起動処理を終えています。

次は高いグラフィック負荷のかかるゲームアプリ、Temple Ranの起動速度比較。

201704101537

ここでもほんの一瞬でですがXZsの方が起動速度が速いようです。

非常に興味深いのがアプリやカメラの一連の速度比較を行った後、マルチタスク画面から再びTemple Ranを開こうとした際の動作。

201704101523

Xperia XZはおそらくメモリ不足でバックグランドでアプリが一度落とされているため、再起動をしていますが、Xperia XZsは起動状態が保たれています。

スポンサーリンク

201704101526

比較的メモリ消費の少ないニュースアプリでも同様にXZではアプリの「裏落ち」が起きています。

その他、ほとんどの「最近のアプリ」内のアプリで同様の違いが見られます。

もちろん、Xperia XZsはAndroid 7.1.1搭載、Xperia XZはAndroid 7.0搭載なので、OSによるソフト的なメモリ管理アルゴリズムの違いが寄与している可能性も否定はできません。

それでも、少なくともXperia XZsはXZと比較して高メモリ消費状態での動作が優れているという点は確かなようです。

一方、今回の比較でちょっと気になったのは両者のディスプレイ画質の違い

201704101547

201704101548

201704101548

XZと比べてXZsの色合いが全体的に白っぽく見え、とくに黒や全体の色のしまりがXZの方がよく見えます。

これだけならば単なる個体差である可能性もありますが、XZsとXZのディスプレイの違いについてはGSMArenaのレビューでも指摘されており、最大輝度という点ではXZsは優秀な一方で、色の再現性能や黒の「黒さ」ではXZsはXZよりも劣っているという結果が出ています。

基本的には同じスクリーンパネルを採用しているはずですが、ひょっとして供給元を変更した、なんてこともあるのでしょうか。

ソース

関連記事:Xperia XZsのXperia XZ からの微妙な退化点、「タップして起動」削除など


 - Xperia XZ, Xperia XZ Premium SO-04J docomo, Xperia XZ Premium SOV36 au, Xperia XZ SO-01J Docomo, Xperia XZs, Xperia XZs SO-03J docomo, Xperia XZs SOV35 au, 新機能・特徴・進化, 比較, 評価