スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Xperia XZsのバッテリー持ちはXZから大幅悪化の可能性、XPやZ5、Z4、Z3よりも悪い模様。メモリ増量が原因?

   


ソニーの2017年版Xperia、Xperia XZs。

国内でもドコモからはXperia XZs SO-03J、ソフトバンクからは602SOとしてリリースされることが判明しており、おそらくauからも発売されると思われます。

ただこのXperia XZs、バッテリー持ちでは前モデルのXperia XZから大幅に悪化している可能性がでてきました。

以下はphoneArenaのXZsのレビュー記事に載っていたバッテリー持ちの比較グラフ。

201705041152

ご覧のように、Xperia XZと比較して1時間近くもバッテリー持ちが悪化しており、歴代のXperia Zシリーズと比較しても初代ZやZ1に次ぐバッテリー持ちの悪さとなっています。

XZとの比較でハード的にバッテリー持ちに影響を与えそうな点といえばメモリの違いでしょうか。

Xperia XZsではXZからRAMが3GB→4GBへと増量されており、そう言えば以前、Xperia XZsとXperia XZの動作比較でXZsはXZについてアプリなどが裏落ちしにくいという件についてお伝えしました

これ自体は良いことなのですが、バックグラウンドでの動作をキルしないということは、その分余計にバッテリーを消費するということでもあると思います。


よって、メモリに余裕がある→バックグラウンドでの動作制限が少ない→電池を喰う、という可能性もありますね。

一方、この違いはOSの違いに起因している可能性もあります。

このXZのバッテリー持ちはおそらくデフォルトのAndroid 6.0.1あるいはAndroid 7.0搭載で計測されたものですが、Xperia XZsはAndroid 7.1.1搭載です。

一方、先日一部の海外版Xperia XZに提供されたAndroid 7.1.1アップデートではバージョンアップ後にバッテリー消費が悪化したとの報告が複数見られます。

よって、OSが同じ状態ならばXZsもXZも同じようなバッテリー持ち、という可能性も十分にありますね。

まあ、このXperia XZs自体、海外でもいまいち売れていないようですし(というか販売地域自体が限定的)、国内でもXZから買い換えるという方はあまりいないと思います。

なので、バッテリー持ちの変化自体、大した問題ではないかもしれません。

ソース

関連記事:Xperia XZ Premiumのバッテリー持ち比較、Z3以来の優秀さ、Z5 PremiumやXZsよりもかなり良い模様


 - Android 7.1.1, Xperia X Performance, Xperia X Performance SO-04H docomo, Xperia XZ, Xperia XZ SO-01J Docomo, Xperia XZs, Xperia XZs SO-03J docomo, Xperia Z2, Xperia Z3, Xperia Z3 SO-01G docomo, Xperia Z4, Xperia Z4 SO-03G docomo, Xperia Z5, Xperia Z5 SO-01H docomo, ドコモ2017年夏モデル, バッテリー異常消費, 比較, 発売日・リリース時期, 電池持ち, 電池持ち比較