スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Xperiaに米国で指紋認証センサーを搭載できないワケは「アップル」、指紋センサー+電源ボタンが原因

   


201706131203

Xperia Z5以降のハイエンドXperiaモデルに搭載されている指紋認証センサー。

ご存じの方も多いとは思いますが、Xperiaシリーズでは米国版のみで指紋認証センサーが非搭載となっており、先日米国での予約が開始された最新のXperia XZ Premiumでもこれは同様となっています。
(厳密にはハード的には搭載しているものの無効化されています)

これについては以前より「何らかの特許絡み」という憶測が立っていましたが、この件についてより具体的な理由が判明した模様です。

PHANDROIDが伝えたもので、これによるとソニーが米国で販売するXperiaに指紋認証センサーを搭載できないのはアップルが原因、とのこと。

ご存知のように、Xperiaの指紋認証センサーは電源ボタンを兼ねています。

スポンサーリンク

そして、米国ではこの指紋センサー/電源ボタン兼用についての特許を取得しているのはアップルであり、そのため同国では指紋センサー/電源ボタン兼用のスマホを販売することができない、ということ。

一方、iPhoneでは指紋認証センサーはスリープボタン(ホームボタン)と兼用になっており指紋センサー/電源ボタン兼用は採用していません。にも関わらず特許だけは持っているということですね。

たしかにそう言われてみると指紋認証センサーと電源ボタンが兼用になっている機種はXperiaくらいのもの。

つまり、より正確に言うと、ソニーは米国で販売するXperiaに指紋センサーを搭載できないのではなく、電源ボタンを兼ねた指紋センサーを搭載できない、ということです。

ただ、理由はともあれ、ミッドレンジ以下の機種でも指紋認証センサーが当たり前になってきている現在、ハイエンドで指紋センサーを搭載していないのはこの米国版Xperiaシリーズくらいのもの。

これはソニーが今後本気で米国で市場を拡大していくつもりがあるのならば致命的な問題点と言っても過言ではないと思います。

ソース


 - Apple, iPhone, Xperia, Xperia XZ, Xperia XZ Premium, Xperia Z5