スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

新型スマホのリリースが近づくと「アップグレード・エフェクト」で注意散漫に。破損や紛失が増加することが判明

   


201612201013

iPhoneなど、お気に入りの特定ブランドのスマートフォンがある場合、そのラインの新型モデルが出る度に気になってしまうのではないでしょうか。

そんな「新型スマホ」の登場が旧モデルを使うユーザーの行動に与える影響について興味深い研究結果がでたようです。

コロンビア大学のビジネススクールによる調査で明らかになったもの。

これによると、スマートフォンのユーザーは使っている機種の新モデルの発売時期が近づくにつれ、無意識に扱いが雑になり、紛失や破損などの確率が上昇する、というもの。

以下はiPhoneのリリース時期とiPhoneユーザーの端末紛失の頻度の関係を表したもの。

201612201019

赤い線はiPhone 5、緑の線はiPhone 5sの紛失数を示しており、左の黒い縦線はiPhone 5sの発売日、右の黒い線はiPhone 6の発売を表しています。

ご覧のように、新型iPhoneのリリース日が近づくにつれ、紛失の頻度が上昇しているのがわかります。

スポンサーリンク

これは新型モデルの登場でユーザーが旧モデルを扱う際に「ケアレス」になっている状態を表しているとのことで、この現象は「アップグレード効果」と名付けられています。

ちなみにこの減少の背景についてリサーチャーは:

私たちは理由なしに(スマホを)アップグレードすることに罪悪感を感じることがあります。
しかし、現在所有する端末が破損したり消耗すると、アップグレードを正当化することができます。

つまり、理由なしのスマホを買い替えには抵抗があるものの、どこかでなんらかの「事故」によって所有端末が使えなくなり、新モデルに買い換えることを望んでいる潜在意識があるということでしょうか。

確かに新モデルが発表され、その機種の購入を決めると、無意識に旧端末を雑に扱ってしまう部分があるのは否めません。

ただ、これ日本だとちょっと事情が違うような気がします。

というのも、国内ではキャリアによる下取りサービスが普及しており、また、個人でも中古スマホの売買が活発という印象を受けます。

なので、新型モデルを買う際に旧モデルをできるだけ良い条件で下取りに出したい、売りたいという心理が働き、逆に「無意識」に扱いにより注意を払う、なんてこともあるような気もします。

しかし面白い調査をする人がいるもんですね。


 - iPhone, iPhone 5, iPhone 5s, iPhone 6, エクスペリア, ガラス割れ・ヒビ・破損, スマートフォン, 不具合, 新型iPhone・次期iPhone, 比較, 評価