スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iPhone 7で「MemoryGate」勃発? 32GBモデルは劣等メモリ使用か。処理速度が128モデルより「劇的」に劣るとの報告。

   


201610091615

先日発売されたiPhone 7およびiPhone 7 Plus。

この新型iPhoneのストレージ・メモリに関連して、ちょっとしたスキャンダルの種が浮上しているようです。

GSMArenaが独自に行なったテストで発見したもので、以下が128GBのiPhone 7と32GBのiPhone 7 Plusの書き込み・読み込み速度を比較したもの。

Storage test Apple iPhone 6s Plus 64GB Apple iPhone 7 128GB Apple iPhone 7 Plus 32GB
Basemark OS II Memory 1422 1721 839
PassMark Disk Mark 54557 69616 43668
PassMark Storage Write 200.6 Mbyte/s 308 Mbyte/s 39.6 Mbyte/s
PassMark Storage Read 628 Mbyte/s 926 Mbyte/s 691 Mbyte/s
5min 4K video copy 1:00min 0:17min 0:52min

 

iPhone 7 Plus 32GBは128GBモデルのiPhone 7にすべての測定方法で大幅に処理速度が劣っています。


それどころか、64GBモデルのiPhone 6sと比べても一部の処理速度が劣っており、これは結構気になりますね。

正直、現時点ではまだサンプルサイズが少なすぎると思うので、32GBモデル=劣等、と決めつけるのは時期尚早です。

ひょっとすると別の要因が作用している「たまたま」の結果かもしれませんし、メモリがフルに近い状態がゆえに容量が小さいモデルは処理速度が落ちているという可能性もあります。

ただ、この記事のコメント欄を見ていると32GBモデルのユーザーからベンチマーク測定で「一般的に言われてるほどのスコアが出ない」、といった報告もあります。

今後、32GBモデルと128/256GBとの比較検証データが出揃ってきて統計的に顕著と差異があるとなるとちょっと問題になる可能性がありますね。

そう言えば、iPhone 6s/6s PlusのときはA9チップがSamsung製かTSMC製で性能が異なる、という報告が複数でて、俗に言う「Chipgate」としてちょっとした騒ぎになりました。

うーん、今回も「Memorygate」勃発の予感がしないでもありません。


 - iPhone, iPhone 6s, iPhone 6s/iPhone 7, iPhone 7, iPhone 7 Plus, ベンチマークスコア比較, 新型iPhone・次期iPhone, 比較