スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iPhoneのアプリのクラッシュ率はAndroidの2.5倍。Androidアプリ最大の問題児はやはり「Google Play開発者サービス」

   


米国の調査会社、Blancco Technology GroupがiPhoneとAndroidの “failure rate”(故障率)を比較した興味深いレポートをリリースしていました。

このレポート、2016年Q2にiOSおよびAndroid端末で発生した各種不具合についてのデータを分析したもので、これによると、iPhoneおよびiPadでの故障率は58%

201611171112

実に約6割のiPhone/iPadで何らかの問題が発生しているということになります。

また、前期(Q1)と比較するとiOSは25%→58%と倍以上に故障率がアップ

同レポートではこの故障率大幅増の原因はiOS 9.3.1あるいはiOS 9.3.2で発生した不具合が原因ではないかと指摘しています。

一方、Android端末でのこの故障率は35%とiPhoneよりも大幅に低く、また前期の44%から大幅に改善しています。

201611171113

ただ、”failure rate”をそのまま訳すと「 故障率」ですが、これはもちろん端末のハード的な故障だけではなく、ソフト的な「エラー発生率」も含むと思われます。

よって、日本語だと「不具合発生率」と訳した方が適切かもしれません。

ちなみに機種別だとiOSではiPhone 6が最も故障率が高く、Androidではサムスン機種がトップとなっています。

201611171118


 

201611171117

そしてさらに興味深いのはアプリの故障率。

これはアプリが落ちる、つまり強制終了する「アプリのクラッシュ率」と置き換えても差し支えないのではないかと思います。

このクラッシュ率、Adnroidでは25%なのに対し、iPhoneではなんと65%。つまり、iPhoneはAndridより2.5倍もアプリが落ちやすい、ということになります。

ちなみに問題が発生するアプリもiOSとAndroidでは大きく異なり、iOSではインスタグラムやSnapchat、Facebook、Facebookメッセンジャーなどが上位を占めています。

201611171108

一方、Androidではやはりあの悪評高い「Google Play開発者サービス」ダントツ。それにGoogle Contact SyncやAdressbookといった連絡先を管理するアプリ/プロセスが続く感じです。

201611171107

この違い、興味深いですね。

iOSでは基本的に問題を起こしているのはサードパーティーアプリのみ

一方、AndroidではOSの基幹を司るネイティブ・アプリあるいはプロセスが最大の問題児になっています。

どういった理由でこの違いが出るのかは私にはサッパリ分かりませんが、全体の「故障率」ではAndroid OSの方が安定していても、ネイティブ・アプリが問題を起こしているとなるとこれはこれで問題のような気がします。


 - Android OS, Facebook, Facebookメッセンジャー, Google Play開発者サービス, iOS, iPhone, インスタグラム, カメラ落ち・強制終了, 不具合, 文鎮化・再起動ループ, 落ちる・強制終了