スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

iOS 10.2.1アップデート、バッテリーの残量表示・異常消費・電源落ち問題が「やや」改善した模様。

   


201701251131

iOS 10以降、特にiOS 10.2で発生しているiPhoneのバッテリー問題。

具体的には残量があるのに電源が落ちる、残量が突然10%単位で減る、とにかく電池の減りが早いといった症状で、国内外を問わず、iPhoneユーザーからは大量の報告が挙がっています。

この問題、バッテリーの劣化や低気温による電圧低下なども一因とされる一方で、バッテリーを新品交換しても直らないという報告もあり、iOS自体にもなんらかのバグ・不具合があるのでは?と指摘されていました。

しかし、このiPhoneのバッテリー問題、先日リリースされたiOS 10.2.1アップデートで一部改善したとの報告がみられます。

スポンサーリンク

同様の報告は海外ユーザーからも散見されます。

もちろん、iOS 10.2.1アプデ後も相変わらず電池消費が激しい、残量表示がおかしい、電源が突然落ちるという報告は複数見られます。

よって、今回のiOS 10.2.1で問題が完全に解決したとは言えません。

また、「以前より」は改善した、ましになったという声も多く、やはり完治とは言えない模様。

ざっと見た感覚では半数くらいのユーザーが「改善した」派、残りが「変わらない」派でしょうか。

ただ、逆にiOS 10.2以前で問題がなく、iOS 10.2.1で新たに電池持ちが悪化した、あるいはバッテリー残量がおかしくなったという報告は殆ど見かけません。

よって、iOS 10.2.1で状況が悪化するということは今のところなさそうです。

また、その他の面でiOS 10.2.1アップデートによるメジャーな不具合報告は今のところ見当たりません。

よって、アップデート自体は安心して行っても大丈夫そうです。


 - iOS 10.2, iOS 10.2.1, iPhone, iPhone 6, iPhone 6s Plus, iPhone 6s/iPhone 7, iPhone 7, バッテリー持ち, バッテリー異常消費, 不具合, 勝手に再起動・電源落ち, 落ちる・強制終了, 評価, 開かない・起動しない