スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

スマホのベンチマークスコア「水増し詐欺」が再発・発覚、S821搭載モデルで

   


201701311628

数年前に問題となったスマートフォンのベンチマークスコアの水増し事件、覚えている方も多いのではないでしょうか。

ベンチスコア測定アプリを使うときだけGPUのクロックスピードを上げることでスコアを引き上げ、実際の性能よりもよく見せるという手法。

このベンチスコア水増し(あるいは「ベンチマーク最適化」)問題、当初はメジャーOEMのサムスンによるベンチマーク水増しが注目を集めましたが、詳しく調べたところ、Google(Nexus)とMotorola以外はXperiaやHTC、その他のモデルでも同様の「水増し」が行なっていたことが発覚し、ちょっとしたスキャンダルになりました。

その後、各OEMも反省をしたのか、こういった「事件」は発生していませんでしたが、この度、同様のベンチスコアの水増し事件が発覚したようです。

XDAがSnapdragon 821搭載のOnePlus 3Tや同チップ搭載の他モデルの調査・テスト中に判明したもで、これによると:

Our hypothesis was that OnePlus was targeting these benchmarks by name, and was entering an alternate CPU scaling mode to pump up their benchmark scores.

下手に説明すると無知がバレるので避けますが、要は、OnePlus 3Tではベンチマークアプリを起動した際「だけ」、CPUローディングが0%のときでも一定のクロックスピードを維持することによって、ベンチマークスコアを「水増し」している、ということのようです。(訂正・追加説明大歓迎です)


また、この機種ではGeekbench、AnTuTu、Androbench、Quadrant、Vellamo、GFXBenchを開いたときのみ通常よりも高いクロックスピードを維持するような仕様になっていることが明らかになったとのこと。

よって、基本的には数年前のベンチスコア・スキャンダルと同じようなカラクリだと思います。

確かにOnePlus 3TのGeekbenchでのスコアは同じS821搭載のAsus Zenfone 3 DeluxeやPixel/Pixel XLと比べても1割近く高くなっています。

私はこれを勝手にチューニングの違いだと思っていたのですが、こんな事実が発覚するとは。

OnePlusのスマートフォンは日本では未展開ですが、中国や米国の一部のSIMフリースマホ好きの間では結構評価の高いOEM。

個人的にも結構期待しているメーカーだったので、今回の件はちょっとショックですね。

ちなみにXDAがこの件についてOnePlusに問い合わせた所、同社もこの事実を認め、今後、ベンチマークスコア・アプリ向けにこういった仕様はしないようにするとのことです。

ただ、一部ゲームアプリなどについてはユーザービリティーのために仕様を維持するようです。


 - Asus Zenfone 3 Deluxe, Pixel, Pixel XL, Snapdragon 821, ベンチマークスコア比較, 比較