スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

HuaweiのAndroid 7.0アプデ「非対象機種」が一部判明。今年発売でも「廉価モデル」は対象外に。GR5などは絶望的?

   


201612021229

先日、Huawei honor 8やP9のユーザーを対象にAndroid 7.0アップデートの先行テスター募集も始まり、着々とNougatアップデートの準備が進んでいるという感じのHuawei。

ただ、このAndroid 7.0アップデート対象から外れる機種についても判明してきました。

tweakersが伝えたもので、これによると、honor 7は7.0アップデート対象外、Huawei  P8については未定、そして今年発売の機種でも廉価モデルは7.0アップデートは提供されないとのこと。

中国語サイトからの翻訳で微妙なニュアンスの取り違えの可能性もあるとは思います。

「廉価モデル」の具体的な閾値が気になるところですが、国内だとHuawei GR5などはかなり危なそうですね。

ちなみにこのGR 5の海外モデル、honor 5Xは昨年リリースでいまのところアップデート対象リストからは外れています。


よって、日本で発売されているHuawei製スマートフォンのAndroid 7.0アップデート予定・対象機種をまとめると:

Huawei honor 8→1月中旬予定
Huawei P9→2月下旬予定
Huawei P9 Lite→2017年第1四半期予定
Huawei GR5 →「廉価モデル」により多分なし
Huawei Y6→「廉価モデル」により多分なし
Huawei Mate S→「廉価モデル」および発売時期的にほぼ確実なし
Huawei P8Lite→未定、海外でのP8アプデ次第
Huawei P8Max→未定、海外でのP8アプデ次第
Huawei P6 Plus→P7が対象外なので100%なし

以前、Huaweiは発売後2年間のアプデ保証を発表しました。

ただこれはおそらくOSアプデではなく、セキュリティーアップデートの話で、しかも対象機種はhonor 8以降のモデルとも言われています。

よって、そういった意味では有言「不実行」にはなりません。

確かにAndroid OSのアップデートには1機種あたり数千万円かかると言われており、安価モデルだとそれだけも結構利益を圧迫するのかもしれません。

Huaweiはここ最近、ローエンドからハイエンドまですごい勢いで立て続けに新モデルをリリースしシェアを拡大していますが、展開機種数が多すぎるとこういったところでローエンドモデルにしわ寄せが来るのかもしれませんね。

ただ、いくら安い機種でもせめて1年くらいはアップデートの提供対象としてほしいものです。


 - Android 7.0, Huawei 7P, HUAWEI GR5 SIMフリー, Huawei honor 8, Huawei P10, Huawei P8lite, Mate 8, P8max, SIMフリースマホ, アップデート, 発売日・リリース時期